旅行

一人旅で行く!ツアーなしでエアーズロックを満喫しよう

2019年10月26日をもって登山禁止となりました。登山はできませんが麓などはツアーもあり観光で行くことができます。

 

のっち
のっち
どうも、のっち(@MagnumDry)です

2019年7月に僕は一人旅でオーストラリアへ行きました。オーストラリア行きを決めたのは、「エアーズロックが登山禁止になる」と知ったからです。

登れなくなる前にどうしても登ってみたかったので、禁止になる前に行ってきました。

今はエアーズロックには登れませんが、エアーズロックの麓などはツアーでも個人での一人旅でも普通に行けます。

今回はエアーズロックを、ツアーなしで行く方法や注意点などシェアしていきます。

ツアーへ参加したい人は宿泊先を必ず確保しよう!

僕も最初はツアーに参加して行くつもりでしたが、ここで注意点です。

ツアーは予約の際に、ホテルへの送迎があるので「宿泊するホテルを入力」する項目があります。

つまりホテルに宿泊しないと、ツアーに参加ができません。僕は全てのホテルが満室で泊まる場所がなかったのでツアーは断られました。

なので個人で行くことになったのです笑

ツアーに参加したい人は宿泊先があるか、必ず確認しておきましょう!

ツアーなしでエアーズロック・リゾートからエアーズロックへ

ツアーなしの個人でエアーズロックへ行く方法は2つ。

空港でレンタカーを借りる

僕はレンタカーを借りて行きました。

レンタカーなら宿泊先が無い人でも、車中泊ができるのでなんとかなります笑。(寒暖差が激しく、夜は真冬並で寝られず地獄でした。)

オーストラリアは日本と同じで「右ハンドル、右車線」です。日本で普通に運転ができる人であれば全く問題ありません。

道路もちゃんと舗装されています。

車は日産車でした

現地に行って当日予約もできるようですが、日本で事前に予約した方が安心です。

レンタカーを借りる際に

・日本の免許証

・国際運転免許証

・クレジットカード(重要)

上記3点が必要です。忘れずに持っていきましょう。

支払いはクレジットカード払いです。また「デポジット」として日本円で20万〜30万円くらい要求されます。

限度額に余裕のあるカードを持っていきましょう。(返却時に何もなければ全額返金されます)

ちなみに返却時はキズやガソリンなどの確認、点検など無くて、車を止めてフロントへ鍵を返したら終わりでした。

海外で車を運転したい!国際運転免許証の取得方法 海外旅行の際、現地での移動手段としてバス、電車、タクシーなどを使う人が多いでしょう。 しかし現地でレンタカ...

ULURU HOP ON HOP OFF

ウルル ホップオン ホップオフという「シャトルバス」で、決まった停留所まで連れて行ってくれます。ツアーでは無いので移動だけです。

1日パスなど$120(日本円で約8300円)があってツアーよりも安く済ませることができますね。

注意点は2つ。ツアーでは無いので宿泊先を確保すること。ウルル-カタジュタ国立公園の入場料$25は別途必要。

ウルル-カタジュタ国立公園へ入る

エアーズロック・リゾートからエアーズロックやカタジュタへ行くには、ウルル-カタジュタ国立公園の中へ入ります。

入場料は1人$25。

レンタカーで行きましたが、入り口で係の人に国名(JAPAN)を言うと、日本語の地図とパンフレットとチケットを貰えます。

チケットを貰ったらETCのようなゲートがあるので、スーパーのセルフレジみたいにチケットをピッと読み込ませばバーが開いて入場できます。

少し走るとエアーズロックが見えてきます。

エアーズロックの麓を一周してみた

エアーズロック一周は約9,4㎞もあるので、写真や動画を撮り歩いていたら2時間以上かかりました。

エアーズロックに登る

2019年10月26日をもって登山禁止となりました。現在は条件が揃っていても登山することはできません。

エアーズロック登山には条件があります。以下が条件で一つでも当てはまれば登山は禁止です。(数時間ごとに変わります)

最高気温が36度以上

強風(風速25ノット以上)が吹いている

降雨もしくは岩肌が濡れている

3時間以内に雨や雷が予報される

頂上付近が雲に覆われている

これらはその日に行かないとわからないのです。年間の半分以上は登れないとか。

のっち
のっち
持ってる男なので僕は行ったその日に登れました! 

いよいよ登山開始

入り口の写真

前半は鎖を掴みながら登って行きます。

後半は白線を目印にして登って行きます。

頂上からの景色

頂上にあるモニュメント

エアーズロック登山を動画で見る

写真では伝わらないと思い、登山の様子をビデオカメラで撮影してきました。

エアーズロックのサンライズ、サンセット

エアーズロックと言えば「サンライズ」「サンセット」ですよね!

僕も展望台などから写真を撮ってきました!

サンライズ(日の出)

サンライズは朝日が当たる左側が赤くなります。

サンセット(日の入り)

サンセットは沈む夕日に照らされて右側が赤くなります。

その他、見る場所や時間で色が全然違うのがエアーズロックの見どころです!

注意事項やあったらいいものを紹介

必須ではないものの、合ったら便利で快適な物を紹介します。

ハエよけネット

エアーズロックはとにかくハエの数がハンパじゃなくて、相当ウザかったです。リゾートにハエよけネットが売っていて、みなさん被っていました。

僕はタオルを耳までガードするようにして巻いてました。


 

日差しがめっちゃ強

日差しがめっちゃ強いので「帽子」「サングラス」は必須です。あとは人によりますが「日焼け止め」もあればいいでしょう。

 


 

とにかく水分補給

エアーズロックはとにかく暑いので水分補給はしっかりしましょう。

エアーズロック・リゾートを出ると飲み物を買う場所が無いので、リゾートで必ず多めに買って持っていくべきです。

時期にもよりますが日中は40℃くらいあります。僕が7月に行った時は日中は30℃近くあり、夜は0℃くらいまで冷えたので寒暖差がエグいです。

まとめ

個人がツアーなしでエアーズロックへ行く方法をシェアしました。エアーズロックは今まで行った色々な場所の中でNo1です!

行って良かったと心から思える場所でした。エアーズロックの頂上からの景色、登ってる最中の景色は一生忘れません。

おまけに砂漠ということもあり、明かりが少ないので夜は星が最高にキレイでした!

ぜひエアーズロック行きを検討している人は、行った方が良いですし、その際にこの記事が参考になれば幸いです。

ABOUT ME
旅人さくちゃん(のっち)
旅人さくちゃん(のっち)
帯広市生まれ、木更津市育ちです。会社員から独立してコミュニティ運営をしてましたが、運営を辞めて今は個人でブログ運営してます。「旅」と「食」の記事がメイン。カフェ巡りと一人旅が大好きなスイーツ男子です♪ ビジネス系の記事は下記のnoteから見れます