旅行

チェンマイで一人旅をした僕のオススメする寺院3選

チェンマイと言えば・・・格式の高い寺院が数多くあり、郊外にはタイ最高峰ドイ・インタノン(標高2565メートル)などの自然豊かな山岳地帯もあります。

また日本では水掛け祭りとして知られる「ソンクラーン」や和紙でできた熱気球を夜空一面に飛ばす「コームローイ」なども見所満載です。

チェンマイには2泊しか出来なかったけど、絶対に「また行きたい」と思えるところでした!

そこで僕が行ったチェンマイでオススメの寺院を3つシェアします。チェンマイに行ってみたいなぁって人はぜひ参考にしてください!

寝台列車でバンコクからチェンマイへ 今回は以前、ひとり旅で行ったタイの第2の都市であり「北方のバラ」と称される美しい街である、チェンマイへの行き方についてシェアしま...

チェンマイとは

チェンマイの場所

チェンマイの旧市街は日本のお城のように四角形の「城壁」に囲まれた比較的小さい街です。

城壁には5つの門があります。

・東:ターペー門
・西:スアンドーク門
・南:チェンマイ門、スアンプルン門
・北:チャンクアップ門

中でも東のターペー門がメインのような門になっています。

ターペー門

ワット・プラシン

ワット・プラシンとは、チェンマイで最も格式の高い寺院です。そのため多くの人で賑わっています。

ランナー王朝の5代めの王様が、父である先王の遺灰を収めるためために1435年に建立された寺院です。

動画で見る

ワット・プラシンの場所

営業時間 AM5:00〜22:00
入場料 無料(本殿は20バーツ日本円で約70円)
ワット・プラシンは最も格式の高い寺院であり、本殿へ入る際は半袖、半ズボンなど露出の多い服装は避けましょう。

 

ワット・チェディルアン

ワット・チェディルアン

ワット・チェディルアンとは、チェンマイで最も大きな寺院です。元々は約80mほどあったそうですが、1545年の大地震で半壊となり、その後に修復されて今の形になっているようです。

動画で見る

ワット・チェディルアンの場所

営業時間 AM8:00〜17:00
入場料 40バーツ日本円で約130円)
のっち
のっち
個人的ですがこのワット・チェディルアンが一番迫力があり終始圧倒されました。今でも印象に残っておりオススメです!

 

ワット・プラタート・ドイ・ステープ

ワット・プラタート・ドイ・ステープとは、標高1,080mのステープ山の山頂にある寺院であり黄金に輝く仏塔が印象的です。チェンマイで最も有名な定番スポットです。

チェンマイ市街地から車で約40分〜1時間ほど走れば入り口に着きます。

入り口から山頂にある寺院へ行くには

・歩いて階段を登る

・ケーブルカーで登る(有料)

この2つです。僕は階段で歩いて行きました!

動画で見る

ワット・プラタート・ドイ・ステープの場所

営業時間 AM8:00〜18:00(ケーブルカーは5:00〜19:30)
入場料 参拝料込みで50バーツ日本円で約170円)

▼ここでの印象はタイの人たちが熱心に参拝する姿でした。

このワット・プラタート・ドイ・ステープも露出度の高い服装はNGなので注意しましょう!

ドイ・ステープへ行ってみたいけど不安だなぁ…って人で、下記ツアー(VELTRA)では「日本語ガイド付き」+「ホテル送迎付き」の午前半日ツアーがあるので利用してみてはどうでしょうか。

さらに下記ツアー(VELTRA)からの参加者限定「海外WiFiルーター10%割引キャンペーン」を実施していて、めっちゃお得です!

まとめ

今回はチェンマイで僕も実際に行った寺院をシェアしました。他にも寺院は行っていますが、印象に残った3つを上げました。

ぜひチェンマイへ行く機会がある人は参考にしてみて下さいね。

ABOUT ME
旅人さくちゃん(のっち)
旅人さくちゃん(のっち)
帯広市生まれ、木更津市育ちです。会社員から独立してコミュニティ運営をしてましたが、運営を辞めて今は個人でブログ運営してます。「旅」と「食」の記事がメイン。カフェ巡りと一人旅が大好きなスイーツ男子です♪ ビジネス系の記事は下記のnoteから見れます